ラストエンジェルス

『電脳戦隊ラストエンジェルス SP STAGE 3 2ND OPERATION』蛍役・長谷川瑞さんインタビュー

ラストエンジェルス
難しいセリフが多く、大先輩の凄さを改めて実感

竹内葵氏が原作を務め、豪華声優陣が彩る大注目のメディアミックスプロジェクト『電脳戦隊ラストエンジェルス』は、かつてラジオドラマやOVAなどで展開され人気を博した『電脳戦隊ヴギィ’ズ☆エンジェル』の世界観を踏襲した、全く新しいストーリーと全く新しいキャラクターによるリブート企画。

シングルCD+ボイスドラマCD+声優コメントCDのトリプルCD仕様で、2021年3月に発売された『電脳戦隊ラストエンジェルス SP STAGE 1 Angels of the Light』、同4月リリースの『SP STAGE 2 Character Song Collection』に続く、待望の第3弾が2022年3月2日(水)に発売された。

seigura.comでは第3弾の発売を記念した出演者インタビューを敢行。今回は蛍役・長谷川瑞さんのインタビューを掲載する。

■蛍役・長谷川瑞さんインタビュー
―続編の話を聞いたときの感想をお願いします。
蛍ちゃんをまた演じられること、そしてエンジェルスのみんなに会えるということで、ダブルでうれしかったです!
―収録を終えての感想をお聞かせください。
普段は専門用語がたくさん入った難しいセリフをミディが担当するのですが、今回は彼女に代わって蛍ちゃんが話すことが多かったんです。すごく大変でしたし「やっぱり丹下さんはすごいな」と改めて思いました。
―演じられたキャラクターを改めてご紹介ください。
蛍ちゃんはチーム最年少で、引っ込み思案な女の子です。メンバーの後方支援がメインで、エンジェルスの探索や戦いのサポート役として活躍しています。
―本作で気になるキャラクターはいますか?
いつも明るいニッキが好きです。今回はジギーのカッコよさが際立っていたので、ジギーにちょっとだけなびいています(笑)。
―バトルシーンもたくさんあったかと思いますが、演じるうえで意識したことは?
今回蛍ちゃんはラヴちゃんたちが置かれている状況を逐一説明しなければならないという、重大な任務を背負っています。ですので、そこは何よりも大事にしました。
―本作の聴きどころを教えてください。
蛍ちゃんは、オペレーションがメインということもあり、前作ではエンジェルスメンバーとおしゃべりをする機会があまりなかったんです。でも、今回はたくさんお話ができたので、どんなやり取りが展開されたのか、楽しみにしていただきたいです!
―最後にメッセージをお願いします。
本作でラストエンジェルスに初めて触れられる方は、ぜひ『電脳戦隊ラストエンジェルス SP STAGE 1』、そしてキャラクターソングCDも聴いていただきたいです。引き続きラストエンジェルスの応援、よろしくお願いします!

■YouTube公式チャンネルにてプロモーションビデオ第3弾を公開!
ラヴ&ミディの絆を描く、感動のアニメーション映像

★★竹達彩奈さん・丹下桜さん出演のソフマップ購入者限定特典イベント3/13開催!★★
予約受付【3/3 23時59分まで】
「電脳戦隊ラストエンジェルス SP STAGE3 2ND OPERATION」リリース記念
ソフマップパスマーケットCD購入者限定配信トークイベント

日時:3/13(日) 17:00~(1時間予定)
出演:竹達彩奈・丹下桜
MC:吉田尚記
アシスタントMC:長谷川瑞
▼パスマーケット商品予約・購入URL:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02vr1nj5c3721.html
※詳細情報はこちら:https://last-angels.com/info/info.php?20220219

■商品情報
『電脳戦隊ラストエンジェルス SP STAGE 3 ─2ND OPERATION─』
ラストエンジェルス

発売中(2022年3月2日発売)
定価:1,980円(税込)

【収録内容】※ボイスドラマ+シングル&声優コメント(CD2枚組)
<Disc1:ボイスドラマCD>
電脳戦隊ラストエンジェルス 2ND OPERATION

<Disc2:シングル&声優コメントCD>
1.Invisible Link
歌:ラヴ(CV.竹達彩奈)&ミディ・ザ・ガール(CV.丹下桜)
2. Invisible Link (Instrumental)
※3~11声優コメント
3.ラヴ役 竹達彩奈
4.ジギー役 上坂すみれ
5.グレイス役 花澤香菜
6.ニッキ役 内田彩
7.蛍役 長谷川瑞
8.ミディ役 丹下桜
9.テディ役 冬馬由美
10.マイヤー役 檜山修之
11.アリス&オズ役 南澤まお&桜井春香

■『電脳戦隊ラストエンジェルス』作品紹介
原作は『電脳戦隊ヴギィ’ズ☆エンジェル』『ふしぎ工房症候群』シリーズの竹内葵氏、キャラクターデザインは新進気鋭のイラストレーター・RAYVONが担当。メインキャストに竹達彩奈、上坂すみれ、花澤香菜、内田彩、長谷川瑞、丹下桜、サブキャストに冬馬由美、檜山修之などスター声優陣を中心に、新人やベテランが名を連ねる。現在、さまざまなコンテンツが制作進行中。

<物語と見所>
新西暦455年、地球には二つの人類が存在していた。
かつて地上の主人として君臨した地球人と、宇宙移民S・E、スペース・エミグラントとして、その地上を一度は支配下に置いたアリシア星人。
両者は百年にわたる長き戦いの末に共存する道を選び、不可侵条約を結んだ。自らこの星を滅ぼす愚をこれ以上、犯さないために…。
しかし、それから更に150年の時を経た現在。戦いの歴史における、負の遺産とも言うべき戦略システム「テディ・ザ・ボーイ」の復活により、人類は再び存亡の危機にさらされる。
テディのサイバー攻撃による地球統一軍の軍事スーパーコンピューター『バイロン』の暴走とヒューマノイド部隊の反乱は、人類に甚大な被害をもたらすが、サイバノイドプロジェクトLA1チーム(ラヴ・ジギー・グレイス・ニッキ・蛍・ミディ)の激闘によって、事態を打開することに成功。束の間の平和を取り戻す。

続編である今回の物語は「家族」をテーマに、エンジェルスの絆が描かれる。
両親の消息についてミディに迫るラヴ。ニッキはアリアにいる弟に、蛍はアリア王である父に思いを馳せる。そして親を知らないグレイスとジギーの複雑な感情…。
しかし、テディが再び人類の前にその姿を現し、巨大ブラックホール爆弾による人類滅亡のカウントダウンが始まる。新たな敵として登場する最恐のヒューマノイド姉弟に苦戦を強いられるラヴたちだったが、その姉弟にも秘められた過去が…。
クライマックスの戦闘シーンで描かれるエンジェルスのチームワークと仲間を想う強い気持ちが、聴くものの心を打つ壮大なスケールの感動物語。

<Information>
▼電脳戦隊ラストエンジェルス公式HP:https://last-angels.com/
▼電脳戦隊ラストエンジェルス公式Twitter:@last_angels2020

<『電脳戦隊ラストエンジェルス SP STAGE 3 2ND OPERATION』インタビュー一覧>
▼ラヴ役・竹達彩奈さんインタビューはこちら→https://seigura.com/news/79280/
▼ミディ役・丹下桜さんインタビューはこちら→https://seigura.com/news/79317/
▼ジギー役・上坂すみれさんインタビューはこちら→https://seigura.com/news/80091/
▼ニッキ役・内田彩さんインタビューはこちら→https://seigura.com/news/80262/
▼グレイス役・花澤香菜さんインタビューはこちら→https://seigura.com/news/80559/

©竹内葵・コズミックレイ・モモグレ/日音

Cafe『Sereno』~健気ときどきドジな、マジシャン店員と。