【vol.7】綾瀬みゆうさん&川田陽菜乃さん

Voice Navi -ボイスナビ-

声優になりたいけど、どうすればいいのかわからない……。
スクールで日々レッスンを受け、声優への道を進む先輩からのメッセージには悩みを解決してくれるヒントが満載です。
今回は、「北海道芸術高等学校(北芸)」の横浜サテライトキャンパスに通う綾瀬みゆうさんと川田陽菜乃さんにインタビュー。校内外で交流があるというふたりに、本校の魅力を語っていただきました!

綾瀬みゆう(写真左)
あやせみゆう●声優コース3年生。ステイラック所属。芝居の世界に興味を持ち、演技を学べる北海道芸術高等学校に入学。ドラマや舞台でも活躍できる声優を目指す。

川田陽菜乃(写真右)
かわたひなの●声優コース2年生。ステイラック附属 声優・俳優養成所「Follow-Up」所属。中学生のころから憧れていた声優を目指し、北海道芸術高等学校に入学。歌って踊れるマルチな声優を目指し勉強中。

 

先生のアドバイスを受けて、大変なことも乗り越えていけるようになりました

まずは北芸に入学したきっかけを教えてください。

綾瀬 私はずっとお芝居をやりたいと思っていて、中学のときに北芸のパンフレットを手にする機会があり「ここで自分の夢に向かって進みたい!」と思ったのがきっかけです。

川田 私は昔から声優志望で、高校に入るときに「本格的に演技を学びたい」と思い、北芸に決めました。高校卒業資格が得られることも大きかったですね。

授業では、どんなことを教えてもらっていますか?

綾瀬 入学してすぐ、先生に「辛いことも悲しいことも、全部含めてお芝居の糧になるから、下を向かずにポジティブにとらえていいんだよ」とアドバイスをいただいたんです。
その言葉をいただいて、大変なことも乗り越えていけるようになりました。

川田 すごく声のかわいい先輩がいるのですが、その先輩のあとに自分が演技をすると「まだまだだな……」といつも落ち込んでいました。そんな時、先生に「あなたにはあなたの良さがあるから、それを生かせばいいんだよ」と言われたのが印象に残っています。

入学してから印象的だった行事は?

綾瀬 毎年「アートコレクション」という発表会のような催しがありまして、生徒たちで劇を披露するのですが、そこで生まれて初めて主役を演じさせていただいたんです。緊張はしましたが、同じ道を目指している仲間たちと一緒に演技ができて、すごくいい経験になりました。

川田 わたしは「模擬オーディション」です。本番と同じ環境でオーディションを受けることができ、実際に評価もいただけるのでありがたかったです。現在通っている養成所に入所できたのは、校内の模擬オーディションを見ていただいたからなんです。模擬とはいえ、これもひとつのチャンスなんだなと。

綾瀬 私は現在、事務所に所属させていただいているのですが、元々、陽菜乃ちゃんと同じ養成所の出身なんです。その後、事務所所属になりました。

ということは、事務所(養成所)の先輩、後輩でもあるんですね。

綾瀬 学年は関係ないので、ライバル意識を持っています(笑)。

川田 そんなそんな、私なんてまだまだ……(笑)。

ほかにも注目の行事はありますか?

綾瀬 「スクーリング」という形で、北海道の本校で1週間くらい合宿する行事があります。ほかのコースの人とも同じ部屋になって交流を深められたり、新しい友達もできました。
また、この期間は授業に集中できるので、スキルアップも実感できると思います!

川田 「キャンパス祭」ではコースや学年ごとに出し物をするのですが、有志でステージに立って、演劇をしたり歌を歌ったりすることができるんです。
お話する機会がなかなか持てない、先輩や後輩のパフォーマンスを観ることができますし、みゆう先輩のこともその時に知りました!

綾瀬 え、そうだったの? 知らなかった(笑)!
ちなみに、横浜キャンパスには「ミスコン」もあるんです。立候補制ではなく、全校生徒を対象に投票する形で。陽菜乃ちゃんはファイナリストになったことがあるんだよね?

川田 はい、実は……。
その後、ファイナリストに選ばれた人がリーダーを務める「チーム」が結成され、チーム対抗戦でゲームを行い優勝したチームのリーダーがグランプリに選ばれる、という面白いシステムになっています。

綾瀬 このように、様々な方法で各コースの生徒たちが交流を持てる、というのも大きな特長ですね。

目標としている声優さんはいますか?

綾瀬 好きな声優は黒沢ともよさんです。黒沢さんの自然な演技が好きで、舞台もたくさんやられていますし、歌も素敵だなと思っているので、目標です!

川田 私は『ラブライブ!』という作品のライブで、メンバーの方が歌って踊っているのを観て衝撃を受けました。そのなかでも三森すずこさんのパフォーマンスに感動し、こんな風になりたいなと思っています!

 

これからどんな道を目指していきたいですか?

綾瀬 人の心理がたくみに描かれた物語や、かわいい女の子たちがたくさん登場する「日常系アニメ」など、幅広いジャンルの作品に出演してみたいです。

川田 アイドルユニットに参加して、歌やダンスでみなさんを楽しませたいです。また、子どもも楽しめるような作品にも出演できるように頑張ります!

Information

北海道芸術高等学校は、声優になるためのレッスンをしながら、高校卒業に必要な単位を修得できる日本でも数少ない高校です。現役プロによるわかりやすく丁寧なレッスンや、人気声優・養成所スタッフを招いての説明会、特別授業など声優業界の”今”を知る、体験型授業を多数実施。詳しくは公式HPをチェック!

北海道芸術高等学校
https://www.kyokei.ac.jp/

BAR『Envelop』バーテンダー・亜夜芽【CV.諏訪彩花】