【声優道】置鮎龍太郎さん「コミュニケーション能力を磨く大切さ」

声優を続ける条件はメンタルが強く
精神的に折れないこと

若い人たちに、一つアドバイスをするとしたら「コミュニケーション能力を磨くこと」ですかね。これを磨いて、情報のキャッチの仕方や人との関わり方も上手になっておいたほうが、生きていくうえで何かと便利です。何より引っ込み思案はよくない。「前に、前に」という気持ちをもって、プラス、コミュニケーション能力があると、役者として仕事がしやすくなるのかなと。

いろんな人とうまくコミュニケーションをとるのって、すごく大事なんですよ。人からキツイ冗談を言われてもうまくかわしたり、サラリと返したりできる軽妙さをもっている人ってすごいですよね。自分が若い頃は、人から言われたことを全部真に受けちゃっていましたから(笑)。いろんな人たちと接していくうちに「この言葉に悪意はないんだな」と気づいたり、わかってきます。そういう〝耐性〟もできてくるので、人と関わっていくことは大事です。役を考えていくうえでも、本当の人間と接していくほうがわかりやすいと思います。結局、キャラクターも〝人〟ですからね。

新人の頃、現場でダメ出しされて何度やってもうまくできなくて「外に出て考えてください」と言われて、ロビーでわあ~って泣いちゃったことがありました。あれは悔しかったな。そんな悔しさも糧にして、いろんな思いをバネにして「また頑張ろう」と思える人が、この世界に残っているんじゃないでしょうか? 先輩や同期の人たち、後輩を見渡しても、みんな多かれ少なかれ、そうやって続けてきているんだと思います。

〝声優になる〟ということも大変ですが、それを続けていくのはもっとしんどいことです。僕なんか、今でもしんどい。年々新しい人も出てきますから。続けていく条件としては、やはりメンタルが強いこと、精神的に折れないことが大事です。仕事をしていくと、演技でも、プライベートでもいろいろ大変になるときがあります。なので、肉体的にも精神的にも若いときに鍛えておくこと。いろんな人と接して、いろんな作品と出合って、いろんなことを体験して失敗して、年齢が高くなってから失敗してどん底に落ちちゃうよりは、若いうちに何かしら失敗をして、いっぱいたたかれてダメ出しされて、人間的に経験を積むのが役者としてもよいのかなと思います。

(2015年インタビュー)

BAR『Envelop』バーテンダー・亜夜芽【CV.諏訪彩花】