内田彩

【声グラ限定】内田彩さん最新シングル「∞リボンをギュッと∞」はぐんま愛が詰まったこだわりの一曲

内田彩

故郷・群馬県とマスコットキャラクターのぐんまちゃんを愛してやまない内田彩さんが、ぐんまちゃんとコラボしたデジタルシングル「∞リボンをギュッと∞ (ぐんまちゃんダンス)」を2月22日=ぐんまちゃんのお誕生日にリリース。その制作秘話や、ぐんまちゃんと一緒にダンスを踊ったMV撮影のエピソードなど、いろいろとお話を聞いてみました。

うっちーが語るぐんまちゃんへの愛とこだわり、そして小さい頃からの夢

内田彩


――ぐんまちゃんとのコラボは久しぶりになりますね。

3年前に出した「So Happy」というシングルがTVアニメ『お前はまだグンマを知らない』のエンディングテーマだったということで、ぐんまちゃんにMVやジャケットに出演してもらったんですけど、それ以来またぐんまちゃんとこうやって作品を一緒に作れるとなって、すごくうれしかったです。私は群馬県出身で、もともとぐんまちゃんが大好きで、ぐんまちゃん愛をアピールしてきましたし、そこからぐんまちゃんが出ている群馬県のイベントに呼んでもらったりとかして、ちょっとずつ一緒にお仕事をさせていただいてきました。コロムビアさんにも「(ひそひそ声で)ぐんまちゃんと何かやりたい!」と、ずっと言ってきたので(笑)。コロムビアさんはご当地キャラのCDを出していたりもするので、そちらの現場からスタッフさんが「ぐんまちゃんからうっちーにメッセージがあるよ」って、写真を送ってきてくれたりするんですよ。コロムビアにいてよかった。

――それだけに内田さんとしても今回のコラボには気合いが入りましたか?
まず「ミンナノグンマ」という、ぐんまちゃんダンスの第1弾になった曲があるんですけど、それとはまた違う方向にしたいというご意見を群馬県さん側からいただいて。私としてはダンスも簡単で親しみやすいものがいいなと思っていましたし、「ぐんまちゃんのかわいらしさを出したい!」と、わがままを言わせていただきまして、それを上手にコロムビアのスタッフさんが落とし込んでくださり、大変かわいい歌詞になりました。

内田彩

内田彩

――そこから「∞リボンをギュッと∞」につながったんですね。
たくさんのぐんまちゃんファンや群馬県の人が聴いてくれる曲になるんだなと思ったときに、老若男女みんながぐんまちゃんとお友達になった気持ちになってもらえたらうれしいなと思って、ワードをたくさん出させていただいて。そのなかで「リボンだったら内田さんもよくお衣装でつけていたりするし、ぐんまちゃんにもリボンがついているし、男の子でも女の子でも触れる機会が多いから、誰でも身近に思えるんじゃないか」となって、この歌詞にしてくださったので、「プロってすごいなあ」と思いました。私のとりとめもない話から、こんな素敵に作っていただいて……!

――歌い方で意識した部分はありましたか?
やっぱりぐんまちゃんと一緒に踊っているところを想像しつつ、ぐんまちゃんの柔らかい感じとか、かわいらしい感じを出せたらいいなあと思いました。あとは私の声が、そもそもちょっと高音がメインなので、老若男女いろんな方に聴いていただいたときに、あまりキーンってならないようにしたいなと。子供が聴いても言葉がちゃんとわかりやすく聴きとれるようにできたらいいなと、注意しながら歌わせていただきました。

――「子供たちに向けて」ということを意識しながら歌うのは初めて?
初めてかもしれないです! キャラクターソングとかは年齢の小さい役で歌ったりしたこともあったんですけど、自分の等身大の年齢で小さい子たちに向けてというのは初めてだったので、夢が叶ったような気持ちになりました。

――夢だったんですか!?
ちょっと話がずれちゃうんですけど、私はぐんまちゃんになりたいんですよ。……夢が壊れる言い方かもしれないんですけど(笑)。声優業界で言ったら、チョーさんにずっと憧れていて、ワンワンが大好きで。私も小さい頃、そういう番組を観てキャラクターになりたいと思ったりとか、憧れたりしていたことが今のぐんまちゃんを大好きな気持ちにもつながっているので、そういう意味で夢が叶ったというか、歌のお姉さん的な存在になれたのもうれしかったです。

内田彩

スクール特集バナー