VART

声優業界初のレーシングチーム「VART」の若手コンビ・石川界人さん&畠中祐さんがシーズン2の意気込みを語る【seigura.com限定インタビュー】

VART

声優業界初のレーシングチーム「VART」。VARTとは「Voice Actors Racing Team」の略称であり、本格的な耐久レースへの参戦を目指して2019年11月2日に発足。チームを束ねるのは、クルマ漫画の金字塔『頭文字(イニシャル)D』のアニメ版で音響監督を務めた三間雅文さん。そして『頭文字D』の主人公・藤原拓海を演じた三木眞一郎さんが、主将としてメンバーを引っ張っている。

三間さんと三木さんは10年間にわたってカートレーシングに参加した経験があるなど、業界きってのクルマ好きとして知られる。また、一緒にカートレースに参加していた浪川大輔さんが副主将としてチームメイトをサポート。そしてクルマ好きの石川界人さん、免許はないが熱意は十分の畠中祐さんも加わり、総勢5名のメンバーが名を連ねる。

VART

シーズン1が好評のうちに終了し、2021年4月からはいよいよシーズン2が開幕。現在予告されているのは、謎のチーム「BLACK VART」の参戦。新たな戦いに向け、4月10日に千葉県・香取市にある「浅間台スポーツランド」を貸し切っての練習走行が行われた。新たなる戦いに向けて鋭い走りを見せてくれたのは、石川さんと畠中さんのVARTの若手コンビ。成長著しい彼らが練習の合間をぬってインタビューに答えてくれたので、さっそくお届けしよう。

★練習走行レポート&三間さんと三木さんのインタビューはコチラから

■石川界人さんインタビュー

石川界人

――VART号を運転していて、楽しい部分と難しい部分はどこですか?
僕の場合は楽しい部分と難しい部分が両立していて、ひと言で言うと“難しいが楽しい”という感覚です。ゲームなんかでも、負ける(難しい)のが楽しいんですよね。それは、次は勝てるようにもっと努力しよう思える余地があるからで、VARTに関してもそれと近しい部分があるなと感じています。

――シーズン1が始まって間もない頃、「ヒール・アンド・トゥ(マニュアル車の運転テクニックの一つで、右足でブレーキペダルと同時にアクセルペダルを踏む操作のこと)がうまくできるようになりたい」とおっしゃっていました。今の修練度はどのくらいですか?
「まだまだだ」としか言えないですね。左足の筋力が足りていないから踏み切れないですし、シフトレバーとクラッチのタイミングの差が掴みきれてなくて。周りの方にアドバイスを求めてもみるのですが、“慣れ”がいちばん重要とのことでした。普段運転しているクルマがオートマ車なので、そもそもギアに慣れていないという部分も大きいと思いますが、だからこそもっと練習が必要ですし、慣れていかなきゃなと思っています。

――いち視聴者としての感想ですが、石川さんの運転は度胸があるし、アグレッシブだなと思いました。見ていて気持ちがスカッとします(笑)。
恐怖心がないよねとか言われることはたしかにあるのですが、ずっと怖いです(笑)。

VART

――シーズン1の最終話で印象的だったのが「今の自分の限界を見せることができた」とおっしゃっていたことです。間もなくシーズン2が始まりますが、ヒール・アンド・トゥも含め、今後習得した技術はありますか?
シーズン1最後の「エビススーパー耐久レース」では僕がクラッシュしてしまい、メンテナンスなどをご担当いただいているBLITZさんの努力を本レースが始まる前に無に帰してしまったので、ただただ申し訳ない気持ちでいっぱいでした。今の自分の限界を超えてしまったことが、クラッシュという結果に繋がったとのだと思いますし、自分の力を過信してはいけないことに気づきました。技術の習得に関しては高望みしすぎず、今ある力をどう伸ばすかを考えながら、できる範囲でやっていこうと思っています。

――本レースでは予選走行でのクラッシュを挽回する見事な走りでしたし、シーズン2は石川さんがキーポイントになりそうだなと思っています。
いやあ、どうなんでしょう(笑)。これまでどおり、精一杯頑張らせていただきます!

――そしてシーズン2には、謎の軍団「BLACK VART」がライバルとして登場します。
勝ち負けにはそれほどこだわるほうではないので、対決そのものを楽しみたいです。勝敗の行方はどうであれ、チームにとって、そしてVARTというコンテンツにとっても、いい方向に進んでいければと思っています。



■畠中祐さんインタビュー

畠中祐

――畠中さんはなんと免許を取得するところからスタートしました。
免許がないと何もできないので、必死になってなんとか4カ月で取得しました。事務所の全面協力にも感謝です。

――その後、すぐにレースデビュー。おそらくそんな人は他にいないと思います(笑)。初めてVART号に乗ったときの感想は?
シートの座り心地はゴツゴツしていましたし、アクセルを踏んだときのGのかかり具合など、反応速度が普通のクルマとは全く違いました。まさに“ザ・スポーツカー”だなと。

――キビキビ動かせる分、少しでも操作を誤ればクラッシュに繋がります。恐怖心はありますか?
最初のうちはもちろん怖いなと思っていたのですが、乗れば乗るほど気持ちいいという方向に向かっていって、今は恐怖心よりも楽しい気持ちが勝っています。

――VART号を運転してみて、どの辺りが楽しいですか?
素直に反応してくれるところですかね。その分、「ちょっと焦ってるな」「今、気持ちで負けちゃってるよな」とか、自分の調子がドライビングにすぐ影響されちゃいますね。逆に三木さんや三間さんの隣に乗っていると「ああ、クルマとのコミュニケーションがうまいなあ」と、ひしひし実感します。

――でも先ほどの練習走行を拝見した感じでは、ものすごいスピードで上達しているなと思いました。
いえいえ、まだ全然ダメです! ヒール・アンド・トゥ(マニュアル車の運転テクニックの一つで、右足でブレーキペダルと同時にアクセルペダルを踏む操作のこと)をできるようになりたくて、三木さんと三間さんに相談したら「とりあえず『頭文字D』を観たほうがいい」と言われたので自粛期間を利用してアニメを観たのですが、どっぷりハマりました(笑)。

VART

――原作漫画もアニメも、クルマ好きのバイブルともいえる名作です。
『頭文字D』に魅了された結果、自宅にちょっとしたシミュレーターを導入しました。それで家でもヒール・アンド・トゥ含め、クルマのゲームをやりながらガチャガチャ練習しています。もちろん実車の感覚とは違いますが、何もやらずにのほほんと過ごすよりは遥かにいいですし、シミュレーターが役立っている部分も大いにあります。

――最終話では「クルマのことしか考えられなくなった」とおっしゃっていましたね。
もはや自分の気持ちを抑えられず、クルマも買いました。番組で最終目標と言ったスープラ(市販されているトヨタのスポーツカー)ではありませんが(笑)。

――シーズン1の最終レースも見応え十分でした。
たった15分間でしたが、緊張感で押しつぶされそうでした。実際、レース中はものすごいスピードで隣から一気に抜かれたり……。あのスピード感を経験できたのは本当に良かったです。

――シーズン2では謎の軍団「BLACK VART」との戦いが待ち受けています。
きっとすごいオーラを放っている方々と戦うことになりますし、実はイベントで流れた特別映像で「ぶっつぶす!」という名指しの予告があったので震えています(笑)。でも、今は誰よりも新鮮な気持ちでクルマの世界を楽しんでいると思うので、その気持ちを前に前に押し出しながら、BLACK VARTと目いっぱい戦っていきます!



<インフォメーション>

■「VART-声優たちの新たな挑戦-」シーズン1 配信中
TERASA、J:COMオンデマンド、dアニメストア、楽天TV、ビデオマーケット、GYAO!、U-NEXTにて配信中。

■シーズン2 ついに始動!
2021年4月1日よりVARTシーズン2がスタート! VARTシーズン2は謎のチームBLACK VARTが参戦!? VARTメンバーは打ち勝つことができるのか? 今後の発表をお楽しみに! レーシングチームのドキュメンタリーは、ANIMAXの番組として放送。

■VART SUPPORTER 2021
声優業界初の本格的レーシングチームVARTのサポーターになってメンバーを応援しよう! オリジナルグッズや生配信、イベント情報など、VARTメンバーと一緒に楽しめるサポーター限定コンテンツが盛りだくさん。入会コースはVIPサファイア(先着30名限定)、 ゴールド、シルバー、ブロンズの4つのコースがあり、各コースに応じた特典が受けられる。詳しくは公式HPをチェック!(https://vartproject.com/vartsupporter2021/

【関連サイト】
▼VART(Voice Actors Racing Team) 公式サイト:https://vartproject.com/
▼VART公式Twitter:@VART_official

©VART

BAR『Envelop』バーテンダー・亜夜芽【CV.諏訪彩花】