【インタビュー】富田美憂さんのミニアルバム『Fizzy Night』は「背伸びしすぎない、今だからこそ出せる大人感」【声グラweb限定】

声優・アーティストの富田美憂さんが自身初となるコンセプトミニアルバム『Fizzy Night』を11月23日(水)にリリースします。本作のテーマは「大人の恋愛」。23歳を迎え、さらに大人っぽさを増した“今の富田美憂”ならではの5曲の物語が詰め込まれています。それぞれの曲の制作秘話を教えてもらいました。


ファーストライブの経験が呼んだ、新たな物語

──気づけば「Present Moment」でアーティストデビューされてからまる3年が経ちますね。
あっという間でした! さっきマネージャーさんと話して気づいたんですけど、もうすぐ声優デビューしてから10周年なんです。自分でも驚きました(笑)。

──アーティスト活動を始めてから、富田さんの中ではどのような変化がありましたか?
表現の幅が如実に広がったなと思っています。シングルを出す度にいろいろなチャレンジをさせてもらってきましたし、声のお仕事に加えてアーティスト活動を始めたことによって、吸収させてもらう場所が2カ所に増えたので、どちらの仕事にも良い影響が出ています。また、アルバム制作やファーストライブを経験するなかで、すごく明確に、自分がこれからやっていきたい音楽の方向性を掴めてきましたし、自分の得意なもの、足りないもの、というのもわかってきました。その流れの一つとして、「ゆくゆくはコンセプト・アルバムもやってみたいです」というお話をしていたら、「作ってみましょう!」と言っていただき、今回のアルバムの制作に至りました。

──自分にないものって、富田さん的にどんなものなんでしょう?オールマイティーにこなされているイメージですけども……。
いえいえ、いっぱいあります!(笑) それこそ歌も、今まではエネルギッシュでパワフルな声を全面に出してきたんですけど、今回のようなコンセプトの作品を作るにあたっては、エネルギッシュさよりは、柔らかさ、女性らしさ……今まで開けてこなかった引き出しが必要だったので、そこは自分の中でチャレンジでした。

──1stアルバム『Prologue』では19歳から21歳までの、子供から大人に切り替わる過程が表現されていました。「ジレンマ」「かりそめ」などの大人っぽい曲はありましたが、今回のコンセプトミニアルバムではさらに一段ステップアップした大人の恋愛を描かれています。
具体的にテーマをどうしましょうか、という話になった時に、春夏秋冬、朝から翌日の朝までの1日の様子など、いろいろなアイデアが出たんですけど、最終的に、大人っぽいラブソングだけを詰めたラブソングもチャレンジングで素敵なんじゃないかということになりまいた。そういったチャレンジをしようと思ったのは、ファーストライブ(2021年9月26日、東京・LINE CUBE SHIBUYA)の経験も大きくて。ライブ後にTwitterなどで感想を見たら「ジレンマがセクシーだった」というお声がたくさんあったんです。

──実際「ジレンマ」でライブの雰囲気がガラりと変わりましたよね。
そうなんです。「ジレンマ」までは皆さん温かく見守ってくれていていたんですが、「ジレンマ」で一気に変わって。「こういう方向も出せるようになってきたんだな」と。それで今回のようなコンセプトもありなんじゃないかなって。

──大人の恋愛ドラマを集めた、オムニバス的なような雰囲気もあります。富田さんとしても、曲が届くたびに、新しい物語の台本を開くような気持ちがありましたか?
そんな感じがしました! 新しいキャラクターをやらせていただくときに、初めてもらった台本を見ていると、「早くやりたい!」ってワクワクするんです。そのときと同じような気持ちになりました。