【声優道】松本梨香さん「自分にウソをつかない演技」

『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』が3月9日から期間限定で無料公開中!
臨時休校などで自宅で過ごす学生の方々へ向けて3月9日~4月5日までの期間で随時配信します。

アニメや吹き替えといった枠にとどまらず、アーティスト活動やテレビ出演など活躍の場を広げ、今や人気の職業となっている「声優」。そんな声優文化・アニメ文化の礎を築き、次世代の声優たちを導いてきたレジェンド声優たちの貴重なアフレコ秘話、共演者とのエピソードなど、ここでしか聞けない貴重なお話が満載。

それぞれが“声優”という仕事を始めたキッカケとは……。

声優ファン・声優志望者だけでなく、社会に出る前の若者、また社会人として日々奮闘するすべての人へのメッセージとなるインタビューは必見です。

自分にウソをつかない演技

▼舞台役者になるのが自分にとって自然なことだった
▼夢が破れたときに出合ったアニメという世界
▼役になりきれば自然と声や演技も変わる 作った声で長く続けていくことはできない
▼演技に大切なのはウソをつかないで素直でいること!
▼歌とお芝居は似ているけれど歌うことで伝えられるメッセージもある
▼お芝居を通して人間を学んで自分を表現している

【プロフィール】
松本梨香(まつもとりか)
11月30日生まれ。ミレニアムプロ所属。主な出演作は、アニメ『ポケットモンスター』シリーズ(サトシ)、『NINKU-忍空-』(風助)、『機動戦士Vガンダム』(ハロ)、『伝説の勇者ダ・ガーン』(高杉星史)、『絶対無敵ライジンオー』(日向仁)、海外ドラマ『ビバリーヒルズ青春白書』(ケリー)、『ミディアム』シリーズ(アリソン・デュボア)、『ネリーとセザール』(セザール)、TVK『ありがとッ!』コメンテーターほか。アニメ、特撮作品の主題歌を多数担当するなど、歌手としても活躍。

舞台役者になるのが自分にとって自然なことだった

私の父が大衆演劇の座長をやっていたので、劇団員の人たちやたくさんの人が出入りする大家族のような環境で育ちました。「芸は身を助ける」という父の教えで、幼少期からピアノ、日舞、三味線など習い事をしていたこともあって、芸事が身近にあった気がします。

もちろん、父の舞台も何度も観に行きました。観に来てくださるお客様の心を、わしづかみにして感動させることができる。舞台を観に来てくださった方が、帰り際に「楽しかったね。また来ようね」とおっしゃってくださるんです。お芝居ってなんて素晴らしいんだろう、自分もそんなふうに誰かを喜ばせる、幸せにすることができたらどんなにステキだろう。私も舞台役者になりたいと、ごく自然に考えるようになりました。

でも、役者になるために特別な勉強をしたわけではないんです。父から何かを伝授されたということもありませんでした。ただ、うちは人がたくさん集まる家だったので、近所の人が集まったりしている前で、何か芸をしたり歌を歌ったりするということがよくあったんです。みんな喜んでくれたので、自分でもこういう道が向いているんじゃないかと思っていました。うちにカラオケセットもあったので、みんなの喜ぶ顔が見たくて何度も歌っていました(笑)。それが今につながっているのかもしれません。

初舞台を踏んだのは10代の頃です。日舞の発表会の前日、「お客様の前に立つのがいちばん勉強になるから」と舞台に立たせてもらったのが初舞台でした。それからさまざまな舞台に参加させてもらうようになり、自分でもこのまま舞台役者として生きていくんだと信じていました。井上ひさしさんが主宰するこまつ座の舞台に参加しているときのことでした。双子みたいに仲良く育った兄が他界し、私自身もそのショックで倒れてしまい、舞台を降板することになったんです。

実は自分でも気づかなかったんですが、そのときに私は病気にかかっていて、「発見があと1週間遅かったら、命が危なかった」という状態だったんです。療養して病気は完治したんですが、体力的な問題もあって、しばらくは舞台に立つのは禁止というドクターストップがかかってしまいました。舞台で演じることしか頭になかった私はもう目の前が真っ暗になりました。夢が打ち砕かれたというか、これから何をしたらいいのか、まったくわからなくなってしまったんです。

そんなとき、舞台で共演したことのある名古屋章さんが「お芝居をする場所は舞台だけじゃない。ラジオドラマなどの声の仕事もあるよ」とアドバイスしてくださったんです。すでにさまざまなアニメの仕事をしていた同期の山寺宏一さんもお見舞いに来てくれたので、名古屋さんから声の仕事を薦められたという話をしたところ、「おまえだったらできるよ」と背中を押してくれたんです。それで、声の仕事もしてみようと思い立ちました。もちろん、今まで舞台しかやってこなかったので、マイク前でのお芝居ってどうしたらいいんだろうとか、果たして私にできるんだろうかという不安はありました。でも死にものぐるいというか、お芝居ができなければ死んだも同然というくらいに崖っぷちに立っていたので、ほかの選択肢はありませんでした。とにかく「何でもやってやる」という気持ちで挑戦したのが、『新・おそ松くん』のオーディションだったんです。

夢が破れたときに出合ったアニメという世界

初めてのアニメ・オーディションに運よく合格し、『新・おそ松くん』に出演することになりました。初めての収録では、本当にびっくりしましたね。肝付兼太さんとか大平透さんとか田中真弓さんとか、小さい頃から耳になじんでいた声がスタジオ内に飛び交っているんですよ。最初にご挨拶をしたときは気がつかなかったんですが、演技をしていると「あ、この声ってどこかで聴いたことがある」って思って、やがて「小さい頃に観ていたアニメだ!」って気が付くんです。もう、声を聴くたびに昔観ていたアニメが頭に次々に浮かんできて、心躍りました。さすがに仕事でスタジオにいるんだっていう自覚はありましたから、騒いだりはしませんでしたけどね(笑)。アフレコ自体も今までやったことのない経験だったので、毎日が新鮮で楽しかったんです。アニメの絵に自分の声が乗るというのも不思議な感じで、最初は自分が現実とはまったく違う世界に入り込んでしまったような感覚でした。

ただ私は女性なので、普段話しているときは女性。それが少年役を演じることになり、声を少年の絵に乗せたとき、ちゃんと男の子の声として聞こえているんだろうかと不安でした。この仕事を続けていくうちに、セリフの語尾であるとか、演じるときの気持ちが男の子になっていることで、十分少年の声に聴こえるというのがわかりましたけど、最初は疑心暗鬼でした。

今までさまざまなキャラクターを演じさせていただいていますが、その役のほとんどが記憶に残っています。でも自分にとって転機になったと言えるのは、『絶対無敵ライジンオー』の日向仁。初めての主役ということや、キャラクターソングを歌わせていただけたり、作品を通して本当にたくさんの歌にも巡り合えました。歌を聴いてくださった方たちから「オリジナルアルバムを作ってみては?」などたくさんの評価をいただき、「キャラクターソング以外にも松本梨香の名前で出してみよう!」「ポップス編、演歌編など作ってみるのも面白いんじゃないか。」と、話が膨らんでいきました。曲も有名な方が書き下ろしてくださったものばかりで、本当に信じられないような気分でした。

スクール特集バナー