【seigura.com限定スペシャルグラビア&インタビュー】石飛恵里花

seigura.com限定のスペシャルグラビア&インタビュー!
声優アイドルグループ「ピュアリーモンスター」のメンバーでもあり、
ゲーム、舞台とさまざまな分野で活躍中の、石飛恵里花さんのプライベートに迫ります。

充実した“おうち時間”は過ごしていましたね。

――2020年早々大変な出だしとなってしまいましたが、自粛期間中に何か始められたことはありますか?

アコースティックギターを買いました!

――元から興味があったんですか?

今まで楽器という楽器をやったことがなかったんです。でもずっと、楽器をできる人ってすごいかっこいいなーと思っていたので、自分でも身に付けたいと思い切って買ったんですけど、あまりに難しくて早々に心が折れました(笑)

――どの辺りで挫折を(笑)。

もう「どの辺り」とかでもなくて、ドレミファソラシドを覚えて、コードもAmくらいまで覚えたときには「もう無理!」って。いちばん良くないギター初めてすぐやめる女になりました。でもドレミファソラシドだけなら、ドヤ顔でできますよ(笑)。

――どうやって勉強していたんですか?

YouTubeを観ながら勉強していたんですけど、動画を観ても、そもそも指がどうなってるのかわからなくて……。(ギターを鳴らすアクションをしながら)右手もこうしてこうっていうのもあるじゃないですか。もう、そこからわからなくて。

――せっかく買ったので、ぜひ気にせずにかき鳴らし続けて、いつかみんなの前で披露してください! ちなみに、料理を始めたという人をよく聞きますが、そういった方向には行かず?

料理やらないですねー。イチゴのヘタ切ったくらいです。

――ちゃんと包丁で処理できるのは大事ですもんね(笑)。

めっちゃ笑われた……。

 

――自粛が明けたらプライベートでやりたいことなどはありますか?

落ち着いたら海外旅行など行きたいですね。これまではまったく旅行などに行くタイプではなかったんです。でも、ダメと言われると行きたい、って今はなっていますね(笑)。

――海外旅行はどこに行きたいとか?

王道なんですけど、ハワイ! いや海外のことを本当に知らないだけなんですけど(笑)。去年やっとパスポートを取って韓国に行ったのですが、韓国ってあまり外国という雰囲気がなかったので“海外感”がする国へ行ってみたいです。

――ちなみに、2020年はお仕事も大きく変化していきましたよね。

基本的にはイベント系はなくなってしまいましたし、ラジオなどのレギュラー仕事も隔週とかになってしまいましたね。本当にお仕事が好きなので、「早くお仕事がしたい」「皆の前に戻りたい」という気持ちは強かったです。でも、意外に順応性が高いタイプなので、ゲームとかをガッツリやり込んだりして、充実した“おうち時間”は過ごしていましたね。

――でも、ギターはできなかったと。

すみません(笑)。もともと引きこもりなので“おうち時間”は得意なほうだったかもしれません。

――でも年も後半、そろそろイベントなどのお仕事も増えてきましたね。

9月に行われる舞台『アサルトリリィ The Fateful Gift』の準備が始まりました。今は、それを楽しみにしています。何事もなく、できたら良いですよね。あとは、ピュアリーモンスターでは、ネットサイン会も行うことができました。

――ネットサイン会とこれまでのサイン会で、どういった違いを感じましたか?

特典会などでは、基本的に直接顔を見てお会いすることしかなかったので、画面越し、しかもコメントなどを見ることはできるんですけど、こちらが一方的にしゃべる形になるのは、大きく違いましたね。やりづらいということはなかったんですけど、直接会えない、顔が見えない寂しさはありますね。みんな元気かなーって。本当に、ファンの皆さんに早く会いたいです。

 

■プロフィール

石飛恵里花
いしとびえりか●5月9日生まれ。ホーリーピーク所属。主な出演作はアニメ『セントールの悩み』(佐藤高美、みーちゃん)、ゲーム『アサルトリリィ-Last Bullet-』(飯島恋花)、『パワプロ2020』(カリーナ・スリムスカヤ)ほか。ラジオ『飛べっ!石飛!』が文化放送 超!A&G+にて毎週日曜19時から放送中。毎週日曜13:05から放送中のNHKラジオ第一『徳井青空のあにげっちゅ』ではアシスタントMCとして出演。声優アイドルユニット「ピュアリーモンスター」のメンバーとしても活躍中。