寺島拓篤

【声グラWEB限定】「熊田茜音のくまなく調べ隊!」寺島拓篤さん対談(完全版)

寺島拓篤
声グラ4月号本誌カット部分をふくむ完全版インタビューを公開!

アニメ『転生したらスライムだった件 転スラ日記』OP主題歌「Brand new diary」も収録される熊田茜音さん1stアルバム『世界が晴れたら』がリリース! 今回は特別編として当楽曲の作詞を担当した寺島拓篤さんとの対談をお届けします。

 

――「Brand new diary」の作詞が寺島さんだとサプライズで知らされた熊田さん。そのときの様子について、あらためて教えてください。

熊田
スタジオで何も知らずにプリプロ(テスト収録)をしていたら、急に寺島さんがいらっしゃったので頭の中がもう大パニック!(笑) 呆然としていたら、スタッフさんから今歌っているこの曲の作詞は寺島拓篤さんですと言われて、もう飛ぶくらい驚きました。

寺島
あのサプライズは実は僕もサプライズで。「熊田さんがこのスタジオにいるので、サプライズで来ていただけないですか!」と当日急に言われて、訳も分からずバタバタでしたね(笑)。

熊田
しかも、その場で寺島さんにプリプロを聴いてもらうことになったんです! 完成形ならまだしも、未完成の音源ということもあって内心バクバクだったんですが「低音もしっかり出てるね」と褒めていただけて。

寺島

めちゃくちゃ覚えてるね!

熊田
うれしくて、鮮明に覚えています(笑)。

 

――寺島さんが「Brand new diary」のフレーズに込めた思いをお聴かせください。

寺島
タイアップソングということで作品イメージを第一にと、『転スラ日記』からエッセンスを拾っていきました。そして、僕自身も初の作詞提供だったので、歌う人の内面も大事にしたいと思い取り組みたいなと。熊田さんの歌い方やパフォーマンスを観察しながら、熊田さんらしさを入れていくことに注力しました。1番は作品らしさ、2番は熊田さんらしさが出るワードに振り切りつつも、一貫してストーリーが繋がるように構成を考えてフレーズを配置しています。

 

――アルバムのテーマが今の熊田さんの悩みもぶつけたものになっているんですが、寺島さんのデビュー当時は、悩みをどのように解決していましたか?

寺島
いまだにいろんなことに悩んでいます。今とは時代も違って仕事のジャンルも変わってきているので一概に良いアドバイスにならないかもしれないですが……。ありがたいことに僕は主役でデビューさせていただいたんです。でも、そこからスター街道みたいなものに乗ることはなく、割と下積みが長かったんですよね。同じくらいの時期にデビューをして、どんどんスター街道を進んでいく人たちが羨ましくて。今でも羨ましいんだけどね(笑)。人のやっていることはその人にしかできないから、アルバムにあるように自分らしさ、自分の価値というものに悩んでいたかな。自分らしく生きるのは、やろうと思えばできるんだけど、それを仕事にしている以上は、そこに価値が生まれないとダメだから、それをどうやって見出せるのかという表現に悩んだりしましたね。

大雑把にいうと、声質が似ている先輩がいたりするともうどうしようもないじゃんとか。どんなに頑張っても一つの役に一人しか入れないから、そういう人たちと渡り合っていくには、どうしたらいいんだろうっていう、価値のある自分の表現を探してましたね。どうやって解決したかはハッキリないんだけど、いただいたお仕事を真摯にやっていくことしかなかったです。

 

――寺島さんが三上の役づくりで心掛けたポイントを教えてください。

寺島
転生前の姿でセリフ量も少なかったのですが、役柄を探っていたのはやはりリムルからですね。冷静で、いかなる時でも中庸でいろんな人の意見をちゃんと聞く姿勢から、やり手のビジネスマンだなという要素はいたるところから感じました。

でも、通り魔が出てきて、そこに部下がいて、部下が無事だったのはよかったなっていうのはあの瞬間の中で三上にとって大事な気持ちだったのかなと。だから、恨み言も出てこないし、信頼している部下だから自分の見られたくないパソコンの処理をお願いしたり、冷静でクールなんだけど、人間味も垣間見ることができたんじゃないかなと思いましたね。

 

――熊田さんがエレンの役づくりで心掛けたポイントを教えてください。

熊田
エレンは声優として初めて声をあてたキャラクターで、本当に思い入れの深いキャラクターなんです。3バカトリオの冒険者三人組のうちの一人で、基本は面白いエッセンスとして登場してくるのでユーモアを大切にしながら収録に臨みました。実は貴族の令嬢という設定もあり、ユーモアの中にも育ちの良さや愛嬌を入れられるのが理想だなと思って、しゃべり方を研究していました。

 

――お二人が声優・アーティストとして意識して使い分けているポイントはありますか?

熊田
歌うときは、自分に向き合うことが多いなと思っていて。自分がどうやって思いを伝えたいのか、どうやったら場を盛り上げられるかな?ということを意識しています。逆にお芝居では、自分のことはそんなに考えていないかもしれません。自分の役柄をその世界観でどう魅せるかに集中しているので、向き合い方の意識は使い分けています。

寺島
同じです(笑)。アーティスト活動は自分の名前でやっているので、そこに来てくれるファンの皆さんにだいぶ甘えているなと思います。普段は役柄のことを考えているけど、ここでは自分がやりたいことをやってもいいんだって。僕自身、基本的には自己肯定感が低い人間なんですけど、そんな自分を許してくれるファンの方たちがいるので、ステージにいるときは、自分のなかでもあり得ないくらい自信満々でいられていると思います。

熊田茜音

《熊田さんから寺島さんにインタビュー!》(※web限定)

熊田
寺島さんのリフレッシュ方法を教えてほしいです!

寺島
お風呂に入りながらハワイアンミュージックとか聞いているよ(笑)。ハワイとか南国が好きで、そのインストミュージックを聞きながらリラックスしています。

熊田
穏やかな感じがして良いですね!

寺島
穏やかというよりも、老後のような(笑)。入浴時間は30分くらいなんだけど、わずかな時間でも完全個室の空間を音楽で満たすと一気にその雰囲気にひたれますね。

熊田
すごく、理想の時間の使い方です……!

 

熊田
お気に入りの物や場所があったら教えてください。

寺島
自分の趣味の物を飾っているエリアかな。ずっとオタクだから好きな作品のフィギュアを置いているところがお気に入りの場所です。アニメグッズはそんなに集めない方なんですけど、フィギュアはよく集めるよ。

熊田
万が一、お子さんとかに倒されちゃったらどうするんですか……?

寺島
それはそれじゃない?(笑) 形あるものはいつか壊れる、じゃないけれど怒っても仕方ないかなって。でも、ショックは受けると思う(笑)。

熊田
ステキすぎます……! 理想の旦那さん像ランキングがあったら寺島さんが第一位になってます(笑)。

 

熊田
寺島さんからみた私の印象をお聴きしたいです!

寺島
礼儀正しいというのが第一印象ですね。先輩、後輩という考えがハッキリしていて、礼儀正しい子なんだなって。歌声も元気いっぱいで見ていて気持ちのいい子だなという印象です。

熊田
良かったー!(笑) 生意気だと思われていたらどうしようかと……。

寺島
そんな風に思わないし、生意気だったとて気にしないよ(笑)

 

熊田
「Brand new dairy」の完成音源を聴いた時は、どう思いましたか?

寺島
表現が難しいけれど「へー!こんな感じになったんだ!」っていう感想です。自分で歌っても当然、違う形になるだろうし、自分の歌詞を熊田さんが形にしてくれたのがうれしかったですね。僕も気に入っている曲なので、今も結構聴いていますよ!

熊田
うれしいです……ありがとうございます! ライブでも「Brand new dairy」のイントロが流れると、ファンの皆さんが喜んでくださるんです。いつかみんなで歌える日がくればいいなって思ってます。

寺島
そうだねー!みんなで声出したいよね!

熊田
1stライブが6月に決まりまして、そのときには声が出せていたらうれしいです。

寺島
おめでとう! 僕も今年10周年なのでライブをやりたいな。

熊田
10周年!すごい!私も気がついたら10年経っていたと言えるように頑張ります!

寺島
いつの間にか、時がたっていたよ(笑)。振り返ってみても何でこんなに続けさせてもらっているのか不思議で(笑)。本当にありがたいです。

熊田
今必死にどうやったらチケットを買ってもらえるんだろうと奮闘しています(笑)。同じことをやってていてもダメだけど、同じことをやらなすぎても自分らしさがなくなっちゃうのかなとか……。

寺島
難しいよね。僕はいつもスタッフ陣に「お任せします!」って言っているよ(笑)。グッズも少し要望を伝えるくらいで、デザインとかは餅は餅屋って感じでその道のプロの方にお任せしています。こうしたらファンの方はうれしいかも、というポイントをチームで共有するようにしていて。

熊田
寺島さんにいただいた今の言葉で、ちょっと違う自分になれる気がします!

寺島
本当に?(笑) でも僕も、何気ない先輩の一言とかで、勝手に感銘を受けて、今までやってきたんだと思う。

寺島拓篤

――最後に寺島さんから熊田さんへ声優・アーティスト・人生の先輩としてのメッセージをお願いします。

寺島
うーん……頑張れよ!(笑) 皆頑張っているのは当たり前なんだけど、疲れが表に出てきちゃいそうなときには、口に出して「自分頑張れ!」って言っているよ。ちょっとやばい奴かなって思うもん(笑)。

熊田
私もやってみます(笑)。

寺島
自分を追い詰めすぎたらダメなんだけど、もうひと頑張りできそうかもなってときにはオススメだよ……頑張ろう!(笑)

熊田
頑張ります!!

 

【熊田茜音さんプロフィール】

くまだあかね●2月3日生まれ。Apollo Bay所属。主な出演作はアニメ『織田シナモン信長』(尾田市子)、『ライフル・イズ・ビューティフル』(渋沢泉水)、『転生したらスライムだった件』(エレン)、『キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま』(七瀬千春)、『チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜』(ミナ)ほか。

【寺島拓篤さんプロフィール】

てらしまたくま●12月20日生まれ。アクセルワン所属。主な出演作はアニメ『阿波連さんははかれない』(ライドウ)、『EDENS ZERO』(シキ・グランベル)、『うたの☆プリンスさまっ♪』(一十木音也)、『アイドルマスター SideM』(天ヶ瀬冬馬)、『魔王学院の不適合者』(レイ・グランズドリィ)ほか。

熊田茜音 1stアルバム「世界が晴れたら」INFORMATION

『絆体感TV 機動戦士ガンダム 第07板倉小隊』エンディングテーマ「またね、よろしくね」はじめデビューシングルとなるTVアニメ『織田シナモン信長』オープニング主題歌「Sunny Sunny Girl◎」、TVアニメ『転生したらスライムだった件 転スラ日記』オープニング主題歌「Brand new diary」ほか全11曲が収録される1stアルバムが発売!

商品名:熊田茜音 1stアルバム「世界が晴れたら」
発売日:2022年2月23日(水)
レーベル:ランティス
発売・販売元:株式会社バンダイナムコアーツ
【初回限定盤(CD+BD)】LACA-35933/価格:¥4,400(10%税込)/¥4,000(税抜)
【通常盤(CD only)】LACA-15933/価格:¥3,300(10%税込)/¥3,000(税抜)

初回限定版には「またね、よろしくね」を含む2曲のMusic Video Clipを同梱。さらに配信アルバム制作時の密着映像をまとめた映像も収録!

熊田茜音アーティストオフィシャルHP:https://kumaka.jp/


熊田茜音 1st LIVE 「世界が晴れたら」が開催決定!
【開催日程】2022年6月12日(日)
【会場】東京・科学技術館 サイエンスホール

寺島拓篤 ベストアルバム『LAYERING』が2022年5月11日に発売!

寺島拓篤さんアーティスト活動10周年を記念した初のベストアルバム『LAYERING』が2022年5月11日(水)発売。
くわしくはLantis web site内寺島拓篤アーティストページをチェック。
https://www.lantis.jp/artist/terashimatakuma/

声優グランプリ4月号掲載

声優グランプリ 2022年4月号

※全国の書店、ネット書店にてご購入いただけます。

Cafe『Sereno』~健気ときどきドジな、マジシャン店員と。