【vol.8】小日向美香さん&藍村光さん

Voice Navi -ボイスナビ-

声優になりたいけど、どうすればいいのかわからない……。
スクールで日々レッスンを受け、声優への道を進む先輩からのメッセージには悩みを解決してくれるヒントが満載です。
今回は株式会社Sの声優養成スクール「PineS(パインズ)」卒業生の小日向美香さんと藍村光さんが登場! 声優になるための本格的な勉強はスクールに通い始めてからというふたりが、全幅の信頼を置く授業の内容とは?

小日向美香
小日向美香

こひなた みか●2000年3月14日生まれ。2020年4月より「S」所属。得意な楽器やダンスを生かしてマルチな活動ができる声優を目指し、PineSへ入所。
公式プロフィールはこちら

藍村光
藍村 光

あいむらひかり●2003年2月28日生まれ。2020年11月より「S」ジュニア所属。アニメに出演し、主題歌も担当するような声優アーティストを目指し、PineSへ入所。
公式プロフィールはこちら

 

長所と短所を見極めた的確なアドバイスで成長が実感できる

まずは、おふたりが声優を目指したきっかけを教えてください。

小日向 小さいころからアニメが大好きで、登場キャラクターになりきって学校に行ったりしていました。
仲のいい友人が声優に興味を持っていたので、調べてみたら、『ラブライブ!』の出演声優さんたちが、キャラクターとしてイベントやライブのステージに立たれていることを知りまして。「声優になれば、私の夢がかなうかもしれない」と思い、目指すようになりました。

藍村 アニメが大好きだったのですが、同じくらい歌も好きだったんです。小さいころ、母親から「子守唄を、1オクターブくらい上で歌わないと泣き止まない」と言われるくらい、人の声に敏感な子だったみたいです。
アニメ作品の主題歌を、出演声優さんが歌っているアニメがあって驚いた経験があり、「歌でもファンを楽しませられる声優さん」を目指すようになりました。『魔法少女リリカルなのは』でフェイト役を演じながら主題歌も歌っている水樹奈々さんは衝撃的でした。

学生時代はどのようなことに打ち込まれていましたか?

小日向 私の通っていた学校には演劇部がなかったので、吹奏楽部に入っていました。バスクラリネットを担当していたのですが、部活の先輩がベースを譲ってくださり、管楽器と弦楽器、両方に興味を持つようになりました。

藍村 中学では吹奏楽部に所属していたのですが、部員が8人しかいなかったんです。元々パーカッションをやっていたのですが、あるときドラム担当の欠員が出てしまったため、いきなり楽譜を渡されて「ドラムをお願い!」と言われた……なんてこともありました(笑)。
高校では声楽を専攻し、副科でピアノ、さらに副々科でヴァイオリンを習っています。軽音楽をやりたい気持ちもあったので、最近はギターのコードも覚えはじめました。

声優を意識した練習はいつごろ始められたのでしょう?

小日向 高校2年生くらいのとき、アニメを観ながら同じセリフを言ってみたり、必殺技を叫んでみたり……。キャラクターになりきることが好きだったので、バトン部のキャラクターがいたら、まずはバトンを買うところから始めたりもしました。ただ発声など、声優としての本格的な練習は、PineSに入所してからですね。

藍村 私は小さいころから歌を歌っていたので、ボイストレーニングの経験はあるものの、声優としての勉強はほとんどしたことがなくて。「どうしたらキャラクターを演じられるような声になるんだろう?」とずっと不思議に思っていました。

「PineS」入所の決め手になったのは?

小日向 私は予算の関係で専門学校に通うことができなかったのですが、せめてボイストレーニングだけでも通いたいと思いまして。これまで声優になるためのレッスンをやったことがない私にとって「少人数制で、ボイストレーニングをみっちりやってくれる」というのが大きかったです。

藍村 親から体験レッスンのことを教えてもらい、行ってみたのがきっかけです。実際に体験してみて、基礎からしっかりと教えてもらえるのがわかりましたし、身体を使ったレッスンが面白かったこともあり「ここにしよう!」と。

入所オーディションのエピソードを教えてください。

小日向 先ほどお話したとおり、声優のスキルがまったくない状態で受けたんです。「演技を見てもらえるだけでもありがたいんだ」と考えたらとても気持ちが楽になりました。

藍村 ほかの受験生の個性が本当に強くて圧倒されてしまいまして……。緊張しすぎて、練習してきたものとは違うセリフを言ってしまったんです。でも「ここでオドオドしてしまったらダメだ」と思いなおし、最後まで堂々と演じ切りました。

印象的だった授業や行事は?

小日向 授業の一環として、2.5次元の舞台を観に行ったことです。それまで映像でしか観たことがなかったので、全身でキャラクターを表現する役者さんの姿を目の当たりにしたことで、演じるうえでのヒントもつかめた気がします。

藍村 私は「模擬オーディション」ですね。実際に開催されるものを想定した、所属生が全員参加できるオーディションが行なわれたのですが、新型コロナウイルスの影響もあって「テープオーディション」という形でした。音声を自宅で録音しなくてはならなかったので、それも含めていい経験になったと思います。また、なかなか会えない仲間たちの頑張っている姿が演技を通して感じることができたので、すごく励みになりました。

おふたりにとって、苦手なレッスンはありますか?

小日向 私は、水瀬いのりさんや『ラブライブ!』の楽曲が大好きで、歌うことは好きなのですが、歌声にコンプレックスがありまして……。もっと自信をもって歌えるようにレッスンを頑張りたいと思っています!

藍村 私はダンスレッスンですね……。リモートレッスンになってからは、踊った動画を先生に見ていただいているのですが、ダンスをしているときの表情などのアドバイスをいただいているうちに、歌を歌っているときのパフォーマンスも良くなり、「苦手を克服することによって、同時に長所も伸ばせるんだな」、と感じました。

おふたりの目指す「声優像」を教えてください。

小日向 これまで周りから「特徴的な声だね」と言ってもらえることで、自信が芽生えてきたので、自分の声や演技が必要とされるような声優になりたいです。また、楽器やダンスなどのスキルを生かして、マルチな活躍をしたいですね。

藍村 昔から「あれもしたい、これもしたい」と色々なことに興味を持つ反面、「自分には個性がないな……」と思っていました。でも「歌を歌いたい」、「声優になりたい」という夢を持つようになってからは、歌も演技も大切にしていきたいと強く思うようになりましたし、これからは自分が弱点だと思っていた部分を逆に強みにできるような声優アーティストを目指していきたいです。

 

Information

株式会社Sが設立した声優養成スクールPineSは、「響く声 届く声 本当の声」を教育理念とし、声を磨くことに特化したカリキュラムで、株式会社Sにマッチングする声優及び声優アーティストの発掘と育成を行っています。PineS提携学生寮やオンラインコースも完備しており、地方から夢をもって声優を志す若い人材への支援体制もバッチリ! 詳しくは公式HPをチェック!

声優養成スクール「Pines」
https://s-pines.com/

seiguracom_YouTubeチャンネルバナー_カナ